腰痛 肩こり 治し方

腰痛肩こりをなおす.COM

腰痛改善

椎間板ヘルニアあれこれ

更新日:

腰痛には原因不明の慢性的な腰の痛みの場合もあれば、病気が原因で腰痛が起こっている場合もあります。今回は病気によって起こる腰痛の中でも症例数の多い「腰椎椎間板ヘルニア」について詳しくまとめていきましょう。

椎間板ヘルニアとは?

椎間板ヘルニアとは椎間板が本来あるべき場所から脱出してしまった状態になります。椎間板とは椎骨と椎骨の間にあるクッション的役割をする軟骨になります。椎間板は繊維輪と呼ばれる周辺の硬い部位と中心部分の髄核で構成されています。
椎間板ヘルニアでは繊維輪に亀裂が生じることで、髄核が繊維輪を破って外に飛び出してしまうのです。この飛び出した椎間板が坐骨神経などを圧迫することによって激しい腰痛、足、太もも、お尻のしびれなどを引き起こします。

椎間板ヘルニアになる原因

椎間板ヘルニアになる原因はいくつかあります。代表的な原因の1つが「椎間板への強い圧力がかかること」です。急に重たいものを持ちあげたり、中腰になる姿勢を日常的に行っていたり、激しいスポーツをして腰に負担をかけたりしていると椎間板への強い圧力がかかるため、椎間板ヘルニアになりやすいでしょう。特にかがんでものを持つという動作は椎間板に大きな負荷がかかります。
また椎間板の変性も椎間板ヘルニアになる原因の1つです。椎間板は20歳を過ぎたあたりから老化が始まると言われています。
加齢に伴い椎間板の髄核の水分量が減ってくるなどの老化現象がみられます。
椎間板ヘルニアは20~40歳頃の男性によく起こると言われています。椎間板の老化が始まったころに、腰に負担の多い重労働をしていたり、長時間の運転などをおこなっていたりする方は椎間板ヘルニアになりやすいです。

さらにもう1つの原因が「遺伝性」です。椎間板ヘルニアは遺伝的背景が関与していると言われています。椎間板ヘルニアで手術をした患者さんの中には家族性の素因を持っている方が非常に多いという統計も発表されています。
その他、精神的問題やストレスなども椎間板ヘルニア発症に関与してくると言われています。

 

椎間板ヘルニアには2つのタイプがある

椎間板ヘルニアには脱出型の椎間板ヘルニアと、膨隆型の椎間板ヘルニアの2つのタイプがあります。脱出型のヘルニアは、繊維輪に亀裂が入り、そこから中の髄核が繊維輪から飛び出してしまうタイプです。一方膨隆型のヘルニアは、繊維輪には亀裂は発生せず、髄核が繊維輪から飛び出すことはなく、髄核と繊維輪が膨れ出て、神経を圧迫してしまうタイプになります。
この2つのタイプでは症状にも差に違いが現れます。脱出型の椎間板ヘルニアであれば、発症した直後は症状が激しいのですが数ヶ月で症状が軽快するケースがほとんどです。一方膨隆型の椎間板ヘルニアは、長引くケースが多いと言われています。

神経の圧迫される部位によって痛みも違う

椎間板ヘルニアを発症すると椎間板が神経を圧迫して体の傾きが現れます。内側、外側どちらから神経根が圧迫されるか?によって体の傾き、痛みにも違いが生じます。
例えば神経根の外側を圧迫するケースの場合は、体は痛みが起こっている部位と反対側に傾くことになります。これは体を痛みがある部位と反対側に傾けることで痛みが和らぐからです。このような椎間板ヘルニアを外側性ヘルニアと呼んでいます。
一方神経根の内側を圧迫する場合、体は痛みのある方へと傾きます。これは体を痛みのある部位に傾けることで痛みが和らぐためです。このような椎間板ヘルニアを内側制ヘルニアと呼んでいます。
そしてもう1つ中心性ヘルニアと呼ばれる椎間板ヘルニアもあります。中心性ヘルニアは椎間板の中心に向かって髄核が脱出したり、膨らんだりするため、脊髄神経本体を圧迫しているタイプです。この中心性ヘルニアの場合、腰を丸めた状態は、痛みがひどくなります。

椎間板ヘルニアには色々なタイプがあります。自分はどのタイプの椎間板ヘルニアなのかをしっかりと把握することで、適切な治療を受けることができることが出来るでしょう。

 

椎間板ヘルニアの一般的な症状

椎間板ヘルニアの典型的な症状には「腰痛」と「しびれ」があります。どのあたりに痛みやしびれが起こるのかは、脊椎のどの部位で椎間板ヘルニアが起こったかどうかによって違いがあります。そしてその痛みはどちらか片側におこります。臀部から足にかけて猛烈な痛みを訴える患者さんが多く、ちょっとくしゃみや咳をしただけでも腰に響いて激痛が走る場合もあります。

先ほど片側の痛みと書きましたが、ヘルニアが大きい場合には両側に痛みが出る場合もあるのでご注意ください。
またしびれは坐骨神経痛になります。一般的な腰痛であれば腰に痛みは出ても、しびれを感じることはありません。足~お尻、腰に欠けてしびれを伴った痛みがある場合には椎間板ヘルニアを疑うとよいでしょう。
坐骨神経痛、腰痛、しびれ以外のほかの症状としては、感覚障害や冷感、筋力低下などが起こることも。また椎間板ヘルニアの症状がひどい場合には排尿障害が起こるケースもありますので注意しなければなりません。

自分の腰痛はヘルニアかも??セルフチェックしてみよう

今からご紹介する自覚症状をチェックして、このような症状が当てはまる場合には椎間板ヘルニアの可能性がありますので、すぐに病院での治療をおすすめします。
・10~15分程度で椅子に腰かけるのがつらくなる
・30分以上歩くと腰痛が起こる
・下肢にビリビリした放散痛がある
・前かがみの姿勢になると、痛みが増強する
・足や腰の一部を触っても感覚が鈍くなっている
・立っているのがつらい
・座った状態から立ち上がる動作をしんどく感じる
・膝を伸ばした状態で足を持ちあげることができない
このような症状がある場合には椎間板ヘルニアを疑った方がよいかもしれません。病院での検査を受けてみることをおすすめします。

 

椎間板ヘルニアの検査ってどんなことをするのか

椎間板ヘルニアが疑われる症状がある場合は、MRIでの検査が一般的になります。MRIとは、磁力を用いて体の中を調べていく検査になります。神経、筋肉など骨以外の柔らかい組織を鮮明に映し出すことができるので、椎間板ヘルニアの検査として必須の検査とも言われています。MRI検査のほかにもCT検査や造影剤を使用した検査などを行う場合もあります。
MRI検査以外に、筋力検査、感覚検査など触診も行い、神経的な所見を調べていきます。これらの検査結果を総合的にまとめて椎間板ヘルニアが診断されることになるのです。

椎間板ヘルニアの一般的な治療方法とは?

椎間板ヘルニアの一般的治療方法として、保存療法と観血的療法があります。保存療法とは椎間板ヘルニアの根本的な原因を治療する治療法ではなく、椎間板ヘルニアによる痛みを取り除く対症療法的な治療になります。保存療法としては投薬治療、リハビリ、注射、コルセットなどの装具療法などがあります。多くの患者さんは保存療法を選択するのが一般的であり、症状がひどい場合や麻痺などが起こっている場合には観血的療法を選ばれます。観血的療法とは椎間板ヘルニアの手術を行う治療法になります。

 

保存療法

椎間板ヘルニアになった場合、保存療法か手術が一般的な治療方法になります。保存療法にもさまざまな治療法がありますが、以下にそれを紹介します。

注射療法

注射治療では痛みを感じる信号に注射を打つことでブロックさせて痛みを抑制します。また薬物療法は椎間板ヘルニアが起きた部位の炎症を抑えたり、神経の働きをスムーズにしたりすることで症状を緩和していきます。

コルセットなどの装具療法

コルセットなどの装具療法は、コルセットを使用することで、腰への負担を軽減します。

コルセットや腰痛ベルトは、腰椎部分に巻くことで体幹の動きを制限させて、中腰の動作や、重たいものを持つなどの動作や姿勢を取らないように予防するためのアイテムです。
また腰痛ベルトやコルセットを装着していると体を支える腹筋や背筋をサポートすることもできます。
普段の生活の中でいくら腰に負担をかけないようしよう!と思っても、重たい荷物を持ったり、物を拾ったりと腰に負担をかける動作をしないということは難しいです。
椎間板ヘルニアの方はコルセットや腰痛ベルトを持っておけば、しっかりと腰を支えることができるのでおすすめです。

どんなコルセットを選べば良いのか、という声も多いかと思いますが、椎間板ヘルニアの症状は人によって様々で、痛みが生じる部位も違います。そのため一概にどのような腰痛ベルト、コルセットがおすすめとは言い切ることはできませんが、腹圧を逃すことなくしっかりと固定できるものや、日常生活の動作が難しくならない、動作の妨げにならないものを選ぶようにしましょう。
また夏場に腰痛ベルトを付けると暑くて面倒と感じてしまうことも多いので、通気性のよいものがおすすめです。
付けた時にすぐにずれてしまうものだと、装着している意味がないのでちょっとした動作でズレないような腰痛ベルトがおすすめです。

ここまでコルセットの利点を紹介しましたが、一方でコルセットや腰痛ベルトは毎日ずっとつけておくのはよくないと言われています。長く装着してしまうと筋肉が弱くなってしまい、さらに腰痛を悪化させてしまう恐れもあるからです。筋肉が弱くなるだけではなく、血流悪化につながる恐れもあるので、必要に応じた場面でこまめにつけたり、外したりを繰り返すのがおすすめでしょう。

 

温熱療法

椎間板ヘルニアの保存療法として一般的なのが温熱療法です。ホットパックやマイクロウェイブなどで患部を温めることによって、凝り固まってしまった筋肉の緊張をほぐし、血流を改善します。血流が改善されると筋肉の緊張と痛みは和らぐでしょう。
しかしまだ痛みが急性期の場合には炎症が強く、患部が熱を持っている可能性があります。その場合には温熱療法は注意が必要です。
ホットパックでは80度前後に温めておいたパックをタオルで包んで患部に当てることで収縮した血管がゆるみ、血液循環を促進してくれます。

 

低周波治療

低周波治療とは整骨院や接骨院などで行われる、椎間板ヘルニアの保存療法の1つになります。電気刺激を患部に与えることによって筋肉の働きを促進し、疼痛の痛み除去に効果的です。
また低周波治療は電気刺激とは異なり、痛みを脳に伝える信号をブロックさせることができる働きがあるのです。そのためブロック注射と同じような痛みの除去効果に優れているのです。整骨院や接骨院では医師が在中していないのでブロック注射を打つことができません。
しかし痛みが改善されない時にはこの低周波治療を行うのです。低周波治療はブロック注射に比べてもリスクが少なく、広く用いられています。

その他の保存療法としては安静にすること、ストレッチの指導などがありました。適度な運動やストレッチは筋肉を硬くしないためにも必要不可欠です。椎間板ヘルニアになったので、体を動かせないと思うのではなく、しっかりと積極的にストレッチなどを行うようにしておきたいです。
椎間板ヘルニアを発症した直後は急性期と呼ばれる時期であり、痛みが強いです。その場合には鎮痛剤の内服、点滴、坐剤、湿布などを用いることもあります。また筋弛緩薬の併用も有効でしょう。

観血的療法(手術治療)

椎間板ヘルニアの第一選択治療は保存療法になります。しかし保存療法を数ヶ月行っても効果が現れない場合は手術を検討することになります。また下肢の力が入りにくくなるなどの症状が出たり、排尿排便の機能低下が起こったりした場合には早急に手術を勧められるでしょう。
排尿排便の機能低下は括約筋の機能低下から起こっています。手術は全身麻酔で行われるのが一般的であり、腰椎を4~5センチ程度切開して、圧迫している神経を保護しながら、ヘルニア塊を摘出していきます。

◎椎間板ヘルニアの手術の種類

椎間板ヘルニアの手術にはいくつかの種類があります。
・レーザー治療
・ラブ法
・内視鏡下で行われるMED法
・顕微鏡下で行われるMD法

 

レーザー治療

椎間板ヘルニアに対するレーザー治療は保存療法と手術の中間的な治療法として位置づけられています。皮膚の上から数ミリの針を刺して椎間板中央部分の髄核にレーザーを照射します。このレーザー照射によって蒸散した髄核は容量が減るため内圧が下がり、痛みが軽減されるのです。ただこのレーザー治療はすべてのヘルニアに効果があるというわけではありません。効果がほとんど得られないヘルニアもあるので注意が必要です。
さらに保険外診療になってしまうので1回の治療で20~40万円程度の高額な治療費がかかってしまいます。

 

ラブ法

ラブ法とは椎間板ヘルニアの手術で最も一般的に行われる治療法の1つです。全身麻酔をかけて数センチほど皮膚を切開し、腰椎の一部を削り脊髄神経を圧迫しているヘルニア塊を切除、摘出する手術になります。手術時間は30分~1時間とそれほど長くなく、術後経過にもよりますが、2~3日はベッドでの安静が必要です。1~3週間の入院が必要になってきます。メスを入れて切開するので、体への負担は大きいです。

 

MED法

MED法とは内視鏡視下で行われる手術方法になります。全身麻酔を行い、内視鏡を用いてヘルニアを摘出します。背中を1.5~2センチ程度切開して、内視鏡と外筒管を挿入します。内視鏡の映像をモニターで見ながら、髄核のある位置を探りヘルニア塊を摘出してきます。手術自体は1時間程度で、傷口も小さく目立ちにくいので術後の痛みや腫れなどダウンタイムも短いです。1~2週間の入院は必要になります。

MD法

MD法とは顕微鏡視下で行われる手術方法になります。全身麻酔を行い、顕微鏡を用いてヘルニアを摘出していきます。1.5~3センチ程度の切開は必要であり、手術は40分~1時間程度になります。MED法と同じく傷口が小さく目立ちにくいのでダウンタイムも短いです。1~2週間の入院が必要になります。

PN法

PN法とは経皮的髄核摘出術のことであり、局所麻酔をした状態で、X線透視下で背中に数ミリの管を指して、鉗子を入れ込み椎間板の一部(髄核部分)を摘出する手術になります。手術時間は30分~1時間程度です。日本ではあまり広く行われていませんが、欧米においては日帰り手術として行われることもあります。

椎間板ヘルニアの手術は色々な種類がありますので、自分の症状にあった手術方法を選ぶことが重要になります。開口部が小さいと、傷口が小さくなるので目立ちにくいですし、出血量も少なくなります。開口部が小さいかどうか?は手術を決める時の1つのポイントとなるでしょう。また手術時間が短い方が体にかかる負担は軽減されるのでその点も選んでおきたいポイントと言えるでしょう。
手術を受けると決まった場合にはこれまでに実績のある専門医師としっかりと話し合って納得いく治療を受けるべきでしょう。

まとめ

椎間板ヘルニアには多くの種類があり、症状によって治療法も様々です。自分がどのような状況なのかを知ることはもちろん大切ですが、我慢せずに病院に行くことだけは忘れないでください。

-腰痛改善

Copyright© 腰痛肩こりをなおす.COM , 2018 AllRights Reserved.