腰痛 肩こり 治し方

腰痛肩こりをなおす.COM

腰痛改善

妊娠中&産後に起こる腰痛について

更新日:

前回は女性でよく起こる腰痛についてご紹介しました。
女性が腰痛を起こる大きなきっかけとなるのが「妊娠、出産後」です。ここでは産後の腰痛にフォーカスを当ててご紹介していきます。

【妊娠中、産後は腰痛を起こしやすい】

妊娠中はお腹に胎児や羊水、胎盤を抱えている状態になり、臨月には5キロ以上の胎児+羊水の重さになります。そのため妊婦さんはお腹に大きなおもりを付けて生活をしているようなものなので、どうしても腰に負担がかかってしまいます。妊娠中に腰痛がひどくても、出産をすれば元に戻るだろうと思っていたものの、産後も変わらず腰痛に悩まされる女性は非常に多いです。では妊娠中だけでなく、出産後にも腰痛が起こるのはなぜでしょうか?次に産後に腰痛が起こる原因について考えてみましょう。

【産後の腰痛が起こる原因とは?!】

産後の腰痛が起こる原因はいくつかありますが、以下のものが考えられます。
・骨盤の歪み、ズレ、開き
・靭帯のゆるみ
それぞれ詳しく解説していきましょう。

≪産後の腰痛の原因①骨盤の歪み、ズレ、開き≫

女性の体は妊娠、出産を通して骨盤の歪み、ズレ、開きを生じてしまいます。赤ちゃんは産道を通って生まれてきますが、この時に骨盤の中にすっぽりと頭が入り込む形になるので、自然分娩の女性は特に骨盤が開きやすくなります。
また骨盤は妊娠中に歪みを起こしてしまうことも多いです。一度歪んでしまった骨盤は自分では戻すことができません。骨盤が歪むと周辺の筋肉バランスも崩れてしまい、背骨を通して左右均等だった体のバランスがどちらかに傾いてしまいます。
また骨盤回りの筋肉が、歪んだことによって大きな負担がかけられ、筋肉のコリやかたまりが生じます。こってしまった筋肉は神経を圧迫して、腰痛を引き起こしてしまうのです。

≪産後の腰痛の原因②靭帯のゆるみ≫

妊娠中~産後は、女性ホルモンバランスが妊娠前とは異なります。妊娠中~産後は、卵巣からリラキシンと呼ばれるホルモンが分泌されます。このリラキシンというホルモンは靭帯を緩める作用があり、靭帯が緩むことで、靭帯によって支えられていた骨盤もズレたり、歪みが生じやすくなったりしてしまいます。

特に靭帯の中でも、骨盤の恥骨結合と呼ばれる部分を固定している靭帯と、仙腸関節を固定している靭帯がゆるみます。この靭帯がゆるむことで、出産

-腰痛改善

Copyright© 腰痛肩こりをなおす.COM , 2018 AllRights Reserved.