腰痛 肩こり 治し方

腰痛肩こりをなおす.COM

腰痛改善

腰痛とその原因ー 高齢者と子どもの違い

更新日:

今回は世代別に起こりやすい腰痛について考えてみましょう。ここでは高齢者に起こる腰痛とその原因について説明していきます。

加齢とともに腰痛を訴える方は多くなります。腰痛が起こるのは「年を取ったから仕方がないこと」と諦めてしまう方も多いです。加齢とともに腰痛がひどくなるのは、筋力低下、骨の強度の低下などが原因です。しかし年をとったから必ずしも腰痛が起こるというわけではありません。きちんとした腰痛の原因を把握して、その原因を改善すれば高齢者での腰痛も症状が緩和します。

腰の痛み=老化現象でそのまま放置して終わる…ではなく、適切な処置や予防によって腰痛を改善してみませんか?予防、改善方法を知っておくだけでも今後の生活に役立つでしょう。

【高齢者によく見られる腰痛の症状とは?!その理由に迫る!】

高齢者によく起こる腰痛の原因は以下の2つです。

  • 骨密度が低下することによって起こる
  • 加齢に伴い体が変化するために起こる

それぞれ詳しく説明していきましょう。

≪骨密度が低下することによって起こる≫

高齢者になると若い頃に比べると骨密度が低下します。骨密度が低下するというのは骨がスカスカの状態になるということですので、骨粗しょう症を発症しやすくなります。特に女性は閉経を迎え女性ホルモンの分泌が少なくなると骨密度が低下しやすくなり、それによって腰痛を引き起こします。

骨密度の低下は脊椎をもろくし、骨が押しつぶされる圧迫骨折を引き起こしやすくなってしまいます。また脊椎が筋肉や神経を圧迫することで腰痛を引きだしてしまうこともあります。

≪加齢に伴い体が変化するために起こる≫

高齢者の腰痛の原因のほとんどは加齢に伴い体が変化するためと言われています。加齢によって私達人間の体は骨、軟骨、椎間板、脊椎などの変化が出てきます。また関節を使いすぎてしまうことによって関節部分が変形しやすくなってしまいます。

加齢よる腰痛の中でも多いのが、変形性腰椎症と呼ばれる症状です。この症状は加齢にともなう腰椎の変化によって発症する腰痛であり、椎間板、関節、靭帯組織にも変性が生じて、腰の筋肉に痛みを引き起こしてしまいます。

その他腰部脊柱管狭窄症も加齢によって起こる症状の1つです。脊柱管狭窄症は手足のしびれを起こす座骨神経痛の症状もあるので、気を付けなければなりません。

【高齢者が腰痛を改善して元気に生活するための予防対策とは?】

高齢者でも腰痛に無縁でいつまでたっても健康に過ごしている方も大勢いらっしゃいます。腰痛を改善するためには適度な運動で、ある程度の筋肉をつけておくことが大切です。腰を支える筋肉を鍛えておくことで、骨も上部になります。

また腰痛がひどい場合には無理に運動することはありません。ストレッチや運動療法などから徐々に体を鳴らしていくというのもよいでしょう。

また食生活の見直しも重要です。加齢によって減少する栄養素は年々変わってきます。骨を丈夫にするためにカルシウムやビタミンDなどを積極的に摂取してください。

さて、ここまでは高齢者の腰痛の腰痛についてのお話をしてきましたが、ここからが子どもに起こる
腰痛について説明していきます。

【子供でも腰痛を起こす?!】

腰痛=大人に起こる症状という位置づけでとらえている人が非常に多いため、子供が腰を痛がってもピンとこないケースが非常に多いです。しかし近年、腰痛を訴える子供は急増しています。
ではなぜ子供は腰痛を起こしてしまうのでしょうか?
大人で腰痛を起こす要因として加齢に伴う筋肉の凝り、かたまりの増加、柔軟性の低下があります。しかし子供においては加齢による腰痛という理由は考えられません。
子供の腰痛は、大人の腰痛の原因とはことなり、食生活の変化、生活習慣、激しいスポーツ、骨格、体型によって起こります。

【子供の腰痛の原因】

子供に起こる腰痛の原因は以下のようなものがあります。
・腰の使い過ぎ
・姿勢が悪い
・筋力が低下している
・病気
・肥満
などがあります。それぞれの原因についてと、その対処方法について考えてみましょう。

≪腰の使い過ぎ≫

子供の腰痛でも腰をオーバーユースしてしまうことによって痛みを引き起こしてしまうことがあります。例えば激しいスポーツをすると筋肉を使いすぎてしまいます。筋肉を使いすぎると筋肉の周りにある筋膜が炎症を起こす筋性腰痛症になることがあるのです。
さらにオーバーユースが原因で椎間板ヘルニア、腰椎の疲労骨折を引き起こしてしまうこともあります。椎間板ヘルニアにおいては、子供がなると大人ほどあまり痛みがありません。しかし体が硬くなったことで症状が発覚する場合もあるのです。

腰の使い過ぎによる腰痛が出る場合には、腰を安静にさせてあげることが大切です。炎症を抑えて緊張をほぐし、症状を緩和させることができます。またスポーツでオーバーユースすることによって腰痛がでる場合には、ストレッチをしっかりとおこなうことで予防対策にもつながります。

≪姿勢が悪い≫

姿勢が悪く、猫背になっていると、脊椎のS字カーブが歪んでしまい、体のバランスが崩れます。体のバランスが悪くなると腰痛を引き起こしてしまい、慢性的な痛みになるケースも多いです。子供の場合、姿勢が悪いことで腰痛を引き起こしているのであれば、姿勢を改善するなど生活習慣や食生活の見直しが必要になります。
規則正しく生活をすることで姿勢の悪さが改善されます。

≪筋力が低下している≫

運動をする機会が少ないと、子供は筋力が低下してしまいます。筋力が低下すると腰を支えている腹筋や背筋が弱くなってしまうため、腰痛を引き起こしやすいです。腹筋や背筋の衰えは姿勢を悪くすることにもつながるので注意が必要です。
前かがみの姿勢になると猫背になりやすく、猫背以外にも背中痛、肩こり、頭痛などの症状を発症する可能性もあります。
筋力低下による腰痛であれば、対策としてはある程度の筋力をつけるようにしましょう。例えば軽く体を動かしたり、運動をおこなったりすることで腰痛を予防することができるでしょう。

≪病気≫

病気によって腰痛を引き起こしてしまうお母さまもいらっしゃいます。脊椎側弯症や白血病などが原因となって腰痛を発症するケースがあります。ただの腰痛だと思っていたら、大病のサインであった・・・という症例も少なくありませんので、腰痛がある場合は早急にお子さんを病院へ連れていくべきでしょう。

≪肥満≫

子供でも肥満傾向にある子は多いです。腰は体全体の体重を支える部位になるため、肥満になるとそれだけ腰に大きな負担がかかります。大人でもそうですが、子供でも肥満傾向にある人は腰痛を起こしやすいのです。対策法としては、肥満を解消することがよいでしょう。体重を減らせばその分腰にかかる負担も軽減されます。

いかがでしたか?子供でも腰痛が起こる原因はたくさんあります。
子供が腰が痛いと訴えたらすぐに一度診察してもらうことをおすすめします。

加齢に伴う高齢者の腰痛について紹介していきましたが、ここからは子ども尾に
今回ご紹介するのは「子供によく起こる腰痛」です。
ここでは子供に起こる腰痛について説明していきましょう。

【子供でも腰痛を起こす?!】

腰痛=大人に起こる症状という位置づけでとらえている人が非常に多いため、子供が腰を痛がってもピンとこないケースが非常に多いです。しかし近年、腰痛を訴える子供は急増しています。
ではなぜ子供は腰痛を起こしてしまうのでしょうか?
大人で腰痛を起こす要因として加齢に伴う筋肉の凝り、かたまりの増加、柔軟性の低下があります。しかし子供においては加齢による腰痛という理由は考えられません。
子供の腰痛は、大人の腰痛の原因とはことなり、食生活の変化、生活習慣、激しいスポーツ、骨格、体型によって起こります。

【子供の腰痛の原因】

子供に起こる腰痛の原因は以下のようなものがあります。
・腰の使い過ぎ
・姿勢が悪い
・筋力が低下している
・病気
・肥満
などがあります。それぞれの原因についてと、その対処方法について考えてみましょう。

≪腰の使い過ぎ≫

子供の腰痛でも腰をオーバーユースしてしまうことによって痛みを引き起こしてしまうことがあります。例えば激しいスポーツをすると筋肉を使いすぎてしまいます。筋肉を使いすぎると筋肉の周りにある筋膜が炎症を起こす筋性腰痛症になることがあるのです。
さらにオーバーユースが原因で椎間板ヘルニア、腰椎の疲労骨折を引き起こしてしまうこともあります。椎間板ヘルニアにおいては、子供がなると大人ほどあまり痛みがありません。しかし体が硬くなったことで症状が発覚する場合もあるのです。

腰の使い過ぎによる腰痛が出る場合には、腰を安静にさせてあげることが大切です。炎症を抑えて緊張をほぐし、症状を緩和させることができます。またスポーツでオーバーユースすることによって腰痛がでる場合には、ストレッチをしっかりとおこなうことで予防対策にもつながります。

≪姿勢が悪い≫

姿勢が悪く、猫背になっていると、脊椎のS字カーブが歪んでしまい、体のバランスが崩れます。体のバランスが悪くなると腰痛を引き起こしてしまい、慢性的な痛みになるケースも多いです。子供の場合、姿勢が悪いことで腰痛を引き起こしているのであれば、姿勢を改善するなど生活習慣や食生活の見直しが必要になります。
規則正しく生活をすることで姿勢の悪さが改善されます。

≪筋力が低下している≫

運動をする機会が少ないと、子供は筋力が低下してしまいます。筋力が低下すると腰を支えている腹筋や背筋が弱くなってしまうため、腰痛を引き起こしやすいです。腹筋や背筋の衰えは姿勢を悪くすることにもつながるので注意が必要です。
前かがみの姿勢になると猫背になりやすく、猫背以外にも背中痛、肩こり、頭痛などの症状を発症する可能性もあります。
筋力低下による腰痛であれば、対策としてはある程度の筋力をつけるようにしましょう。例えば軽く体を動かしたり、運動をおこなったりすることで腰痛を予防することができるでしょう。

≪病気≫

病気によって腰痛を引き起こしてしまうお母さまもいらっしゃいます。脊椎側弯症や白血病などが原因となって腰痛を発症するケースがあります。ただの腰痛だと思っていたら、大病のサインであった・・・という症例も少なくありませんので、腰痛がある場合は早急にお子さんを病院へ連れていくべきでしょう。

≪肥満≫

子供でも肥満傾向にある子は多いです。腰は体全体の体重を支える部位になるため、肥満になるとそれだけ腰に大きな負担がかかります。大人でもそうですが、子供でも肥満傾向にある人は腰痛を起こしやすいのです。対策法としては、肥満を解消することがよいでしょう。体重を減らせばその分腰にかかる負担も軽減されます。

いかがでしたか?子供でも腰痛が起こる原因はたくさんあります。
子供が腰が痛いと訴えたらすぐに一度診察してもらうことをおすすめします。

-腰痛改善

Copyright© 腰痛肩こりをなおす.COM , 2018 AllRights Reserved.