腰痛 肩こり 治し方

腰痛肩こりをなおす.COM

腰痛改善

雨の日に腰痛がひどくなるのはなぜ?

更新日:

古傷やむちうち症状などは季節の変わり目や天候の変化によって痛みが増強する場合があります。雨の日は骨折した部位が痛い、古傷が痛む…などの声をよく耳にします。では腰痛は天気と関係があるのでしょうか?天候によって腰痛がひどくなるということはあるのでしょうか?ここでは天気と腰痛の関係性について考えてみましょう。

【天気によって腰痛の程度は変化する】

腰痛と天気というのは一見するとなんの関係もないと思うかもしれません。しかし天気によって腰痛がひどくなるのをご存じですか?雨が降ってくると、昔ケガをしたり、傷めたりした古傷がうずいて痛みが出てくるという経験をしたことがある人も多いでしょう。このような現象は、雨が降ったことによって気圧や気温が低下して起こると言われています。
腰痛においても特に雨の日に症状が悪化することが多くなります。そのためでいるだけ腰痛がひどい場合には、無理をせずゆっくりと家でリラックスしておくことをおすすめします。

【なぜ雨の日や季節の変わり目は腰痛が悪化してしまうの?!】

ではなぜ雨の日は腰痛を悪化させてしまうのでしょうか?これは気圧や気候が低下することが原因と言われています。気候が変化して、気圧が低下すると関節部位は膨張しやすくなります。そのため膝関節、腰回りなどに痛みが出やすくなるのです。
また気温が低下すると、血流が悪くなり、腰回りの筋肉が凝り固まりやすくなってしまいます。また血流の低下は交感神経の刺激にもつながるので、腰が痛みやすくなってしまうのです。
もう1つ雨の日に腰痛がひどくなる原因として考えられるのが「非特異的腰痛」です。非特異的腰痛という言葉は聞きなれないかもしれませんが、レントゲンやMRIなどの検査をしても原因がはっきりとはわからない腰痛のことを言います。検査上は特に問題がなくても、雨の日や季節の変わり目などに腰痛がひどくなるという方は、非特異的腰痛の可能性が高いでしょう。
非特異的腰痛は特に慢性的な腰痛によく起こると言われており、天気の影響を受けて調子のよい日と悪い日が出てくるでしょう。
また腰痛を治療している方の中にも天気が悪い日は痛みがひどくなったり不安定になったりする方は多いようです。

【ヒスタミン分泌が腰痛に関与している?!】

雨の降る日に腰痛がひどくなるという方は多いです。雨の降る日は低気圧の時ですので、気圧がいつもよりも低くなってします。気圧が下がると、私達人間の体にはヒスタミンという成分が増えるといわれています。このヒスタミンは様々な身体の症状を引き起こす成分であるのです。
例えばヒスタミンによる症状として以下のようなものがあります。

  • 血圧低下
  • 痛みの増強
  • 水分の滲出
  • 自律神経失調状態

それぞれ説明します。

<血圧低下>

ヒスタミンは血管を拡張する作用があるため、圧力が下がり、気圧が低下することで血圧も下がります。血圧が下がるということは血行不良の状態になるため、腰痛症状はひどくなるでしょう。

<痛みの増強>

ヒスタミンが分泌されることで細胞の膨張作用が起こります。すると様々な器官が触れやすくなるため、痛みに過敏に反応してしまうようになります。

<水分の滲出>

ヒスタミンには、血管にある水分を滲出作用があるため、水分が蓄積し、むくみやすくなります。

<自律神経失調状態になる>

ヒスタミンの増加によって、交感神経優位の状態になり、自律神経失調症のような症状を引き起こす可能性があります。

このようにヒスタミンが私達の体内で増えることで腰痛をひどくさせているのです。

【雨の日の腰痛を改善するためにはどうすればよい?改善方法はあるの?!】

雨の日など低気圧になると体調がすぐれなくなる方は多いです。特に体に歪み、ズレがある人は筋肉が凝り固まっている状態なので、雨が降るとさらに症状がひどくなります。雨の日に影響しない体を作るためには、お風呂で体をゆっくりと温め血行をよくしてあげること、軽いウォーキング運動をすることなどがよいとされています。

寒くなりそうな日は1枚余分に服を着てみたり、カイロなどを持っておいたりすることもおすすめです。腰が重くだるい場合は、筋肉が固まっている状態です。痛みのある部位を温めてあげることで症状は緩和されるでしょう。

またウォーキングなどの軽い運動は全身の筋肉をほぐすことができます。また運動をすることで血行がよくなり症状が緩和されるでしょう。入浴時のマッサージも非常に効果的ですよ。
さらに食生活の改善、しっかりとした睡眠時間の確保も重要です。低気圧でも耐えることのできる体を作るためには日ごろから、規則正しいバランスの取れた生活を送ることが重要なのです。

前回は「雨の日は腰痛が多い」というお話をしましたが、今回は季節による腰痛の変化です。腰痛は季節によっても症状が出やすい時と、マシな時があります。ここでは腰痛と季節の関係性について考えてみましょう。

 

【春や腰痛の季節?!寒暖差によって腰痛を起こしやすい】

一年には春夏秋冬がありますが、その中でも春の季節は腰痛になりやすいということをご存知ですか?なんとなく寒い季節の方が、腰が痛くなりそう…というイメージがあるかもしれません。しかし実は春は腰痛の季節と呼ばれているのです。
ではなぜ春は腰痛がひどくなるのでしょうか?それは「骨盤のゆるみ」が関係しています。冬など寒い季節は筋肉も骨盤もしまった状態のため、足元から寒さがあがっていき、肩や関節の動きが鈍くなったり、痛みが出たりする場合が多いです。また神経痛を引き起こす方もいるでしょう。
しかし春になると冬の寒さから徐々に暖かくなることで、筋肉が緩みはじめます。筋肉が緩むとしまっていた骨盤が前後左右に動くようになり、腰骨、仙骨など骨盤の中心部分にある骨が動くため、痛みが発生しやすくなるのです。つまり春になると骨盤が緩み、腰痛を引き起こしやすくなっているのです。

【季節の変わり目は腰痛が悪化する】

冬から春になる時期、秋から冬になる時期など季節の変わり目は体調を崩しやすくなる季節です。腰痛もまた季節の変わり目によって症状が悪化する傾向がありあす。特に季節の変わり目は外界の温度に体が慣れず、着る服を間違えてしまうと、一気に体を冷やしてしまうことも。体が冷えてしまうと筋肉が凝りやすくなり、腰痛がひどくなります。
また暑い夏から、秋など寒い時期になる場合、負担がかかっていた体の部位がさむくなることで、緊張がさらに高まり、痛みが強くなることもあるでしょう。
季節の変わり目によって起こる腰痛は、冷え対策を十分に行うことが重要です。冷えは腰痛の大敵です。冷えがあることで腰の筋肉が凝り固まって、腰痛を引き起こしてしまうので、いつでも体を温めて筋肉をほぐしてあげることが重要です。

【季節の変り目はぎっくり腰(急性腰痛症)にも注意が必要】

慢性的な腰痛は、天候や季節の移り変わりの影響を受けやすいのですが、実は季節の変り目はぎっくり腰の発症リスクも高める危険性があることをご存じですか?
寒い時にぎっくり腰はなりやすいというイメージがあるかもしれませんが、実は寒いというよりも季節の変り目の方がぎっくり腰を引き起こしやすいのです。
人の体は寒くなるとその寒さに慣れて順応してきます。しかし気温差が激しくなると体は温度に順応するために必死になります。この時、血流が大きく変化して、筋肉が硬くなってしまうため、ぎっくり腰を引き起こすこと可能性が高まります。
寒いということだけが原因ではなく、気温差の激しい季節の変り目はぎっくり腰にならないように注意が必要でしょう。
また夏や冬などは室内にいると、冷暖房がついています。クーラーの効いている部屋から外に出たり、暖房の効いている部屋から外に出たりすると、寒暖差が激しく体がびっくりしてしまいます。特にぎっくり腰は9月~11月によく起こると言われていますので、寒い時期に突入する時にはしっかりと冷え、温め対策を行わなければなりません。
温度差に体が慣れなければ、腰痛に限らず体調はよくありませんね。季節の変り目はいつも以上に規則正しい生活を送り、睡眠時間の確保、バランスのとれた食生活、血流促進などを行うようにしましょう。積極的に生活スタイルを改善することで腰痛を予防することができるでしょう。

-腰痛改善

Copyright© 腰痛肩こりをなおす.COM , 2018 AllRights Reserved.