腰痛 肩こり 治し方

腰痛肩こりをなおす.COM

腰痛改善

腰痛を起こしやすいファッションとは~その②~

更新日:

前回腰痛を引き起こしやすいファッションについて紹介しましたが、今回は前回の続きになります。

腰痛を起こしやすいファッションは実はまだあるのです。
この服装は腰痛になりやすい・・ということをなんとなく覚えておくだけでも腰痛予防につながりますのでおすすめですよ。

腰痛を引き起こす可能性のあるファッションには以下のものがあります。それぞれ説明していきましょう。

  • ハイヒール(ピンヒール)
  • ローライズのパンツ
  • 薄着
  • ジーンズ

①【ハイヒール(ピンヒール)】

ハイヒールの中でも特にピンヒールは歩き方が不安定になるため、自然な動きになりづらく足に負担をかけてしまいます。足にかかる負担が腰にも伝われると腰痛を引き起こしてしまうでしょう。
また細いハイヒールの場合、外反母趾にもなりやすいです。外反母趾になってしまうと、痛みがでないように不自然な歩き方になりやすく、腰だけでなく、膝、股関節にも負担がかかります。ハイヒールは、腰痛の他にも膝痛、股関節痛なども引き起こしてしまう可能性があるので気を付けなければなりません。

②【ローライズパンツ】

ローライズパンツとは腰履きのパンツになります。ベルトループの部分が骨盤と股関節の間にくるローライズパンツは股関節の動きが制限されやすくなります。すると腰の反りが強くなりやすく、背骨の自然なS字カーブが崩れてしまうのです。この自然なS字カーブは人間がうまくバランスを保つためには欠かせません。背骨のS字カーブが崩れてしまうと腰痛だけでなく、肩こり、膝痛、股関節痛など様々な体の不調につながってしまいます。

またローライズパンツは通常のズボンに比べて背中やお腹のカバー力が劣ります。カバーしている面積が小さいことで腰の冷えにもつながります。冷えを起こすと血行不良の状態になり、腰痛がおこりやすくなってしまうのです。
ローライズパンツ+ハイリールというファッションスタイルの女性は多いですが、腰痛持ちの方はできるだけこのような恰好をしない方がよいでしょう。
もしも長時間の着用をするのであれば、座るときにボタンを緩めたり、家に帰ったらすぐにリラックスできる服に着替えたりするなどの対処法をしてください。

③【薄着】

薄着も実は腰痛にはよくありません。この理由はずばり「 冷え 」による血行不良です。冬場なのに、ミニスカートや薄着をする方がいますが、体の冷えにつながり全身の血行不良が起こります。血行不良の状態になると筋肉は凝り固まりやすくなり腰痛になりやすいのです。

冷えは万病の元とも言われていますから、体を冷やさないような温かい恰好を心がけることも腰痛対策には必要でしょう。

④【デニム素材の服】

デニム素材の服は伸縮性のない生地で作られています。またジーンズの場合ズボン型という限られたスペースの中でうごかさなければいけないのでしゃがんだり、座ったりするときに動作が制限される場合もあります。腰痛がひどい時には、体の動きが制限されないような素材の服が望ましいでしょう。

-腰痛改善

Copyright© 腰痛肩こりをなおす.COM , 2018 AllRights Reserved.