腰痛 肩こり 治し方

腰痛肩こりをなおす.COM

腰痛改善

腰痛で用いる治療薬とは?

更新日:

腰痛がひどいと歩くこともできないなど、日常生活に支障をきたす場合があります。あまりに痛いと薬に頼りたいと考える人もいるでしょう。今回は腰痛の際に使用する薬についてまとめてみましょう。腰痛がある時にはいったいどのような薬を服用するとよいのでしょうか?

【痛みを緩和する鎮痛薬が処方される場合がほとんどである】

腰痛は骨、関節、筋肉、靭帯のどこかが問題があって痛みを引き起こしています。そのため治療薬として処方されるのは鎮痛薬がメインになるでしょう。鎮痛薬は痛みを緩和させる働きがあります。

鎮痛薬にも色々な種類がありますので、次に鎮痛薬についてまとめてみましょう。

【腰痛治療に使われる鎮痛薬の種類とは?】

腰痛治療に使われる鎮痛薬には非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)アセトアミノフェンオピオイド神経障害性疼痛治療薬などがあります。それぞれ説明していきましょう。

①非ステロイド性抗炎症薬

非ステロイド性抗炎症薬は腰痛治療の第一選択薬となる一般的に用いられる薬剤の種類になります。痛みの原因物質を作る酵素であるシクロオキシゲナーゼの働きを阻害する作用がある非ステロイド性抗炎症薬は痛みや炎症を抑えてくれます。熱がある場合には解熱剤としても用いられます。NSAIDsはステロイドではない抗炎症薬がすべて含まれています。バファリン、ロキソニン、ボルタレン、インダシンなどはすべてNSAIDsになります。

②アセトアミノフェン

アセトアミノフェンは非ステロイド性抗炎症薬であるアスピリンと同じ鎮痛作用を示す薬剤で、商品名はカロナールなどです。ただ炎症に対する効果はないため、腰痛治療薬の第一選択薬としてあまり使われません。炎症作用のない場合の治療薬としては、胃腸への影響や血液凝固作用などの副作用がないため、安心して服用することができます。

③オピオイド

オピオイドは医療用麻薬のことであり、非常に強い鎮痛作用を持っています。がん性疼痛などの治療にも用いられるオピオイドは非ステロイド性抗炎症薬では効果がないような強烈な腰痛の時に処方される場合が多いでしょう。脳、末梢神経などに存在するオピオイド受容体に作用をすることで痛みの伝達が脳に伝わりにくくなります。精神や体への依存性はありません。モルヒネ、オキシコドン、フェンタニルなどの強オピオイドと、トラマドール、コデインなどの弱オピオイドがあります。

④神経障害性疼痛治療薬

神経障害性疼痛治療薬は、神経障害性疼痛がある場合に用いられます。
この神経障害性疼痛は神経伝達物質が過剰に放出されることが原因でおこる疼痛の一種であり、慢性の腰痛症によく見られます。この症状は非オピオイド系鎮痛薬などではあまり効果が得られないため、神経伝達物質の放出を抑制する作用のある神経障害性疼痛治療薬が別途必要になります。プレガバリン、トラマドールとアセトアミノフェンの配合薬などが慢性的な腰痛治療によく用いられています。

腰痛治療で用いられる治療薬には種類があります。素人が判断するのは難しいですので、医師の診断に従って正しく薬を服用するようにして下さい。

-腰痛改善

Copyright© 腰痛肩こりをなおす.COM , 2018 AllRights Reserved.