腰痛 肩こり 治し方

腰痛肩こりをなおす.COM

腰痛改善

腰痛に効果のある漢方薬とは?

更新日:

前回は腰痛で用いる治療薬について紹介しました。その際には薬剤の紹介でしたが、今回は腰痛に効果のある漢方薬について紹介しましょう。一体どのような漢方が腰痛治療に効果があるのでしょうか?

【漢方薬とは?】

体の要とも言われる大切な部位であり、腰痛があるとすべての動作がスムーズにいかなくなります。特に慢性的な腰痛には、漢方が適していると言われおり、栄養分を与えて体を温めることで腰痛症状を緩和することができるのです。

漢方薬は整形外科でのレントゲン検査などでは原因が特定できず、慢性的に痛む腰痛に効果があると昔から言われています。整形外科などの病院では鎮痛薬を処方されますが、漢方では痛みを取り除くのでしゃなく、全身の血液の流れを改善することで痛みを軽減したり、体調を整えたり、体質を改善したりする効果があります。

【東洋医学からみた腰痛の原因とは?】

東洋医学では気や血などのエネルギーや栄養が通路を通って前進に運ばれると考えています。腰痛が起きているのは、腰部の通路(経路)の流れが悪くなっていることで起こると言われています。特に腎臓の気が不足することによって起こる腰痛、血液の滞りによって起こる腰痛、寒さや冷えによって起こる寒湿によるものなどが考えられます。

【腰痛におすすめの漢方の種類とは?】

漢方と一言でいっても様々な種類があります。腰痛におすすめの漢方薬は、腎虚、血の滞り、冷えを改善する漢方を選ぶようにしましょう。

①腎虚を改善する漢方薬

腎虚を改善する漢方薬には牛車腎気丸(ゴシャジンキガン)六味地黄丸(ロクミジオウガン)八味地黄丸(ハチミジオウガン)などがあります。

牛車腎気丸は冷えやすい方の腰痛、下肢痛に効果のある漢方薬であり、腰痛や排尿困難、頻尿、むくみ、高血圧などの症状を改善します。

六味丸黄丸は手足がほてりやすい方におすすめの漢方薬です。

八味地黄丸は足腰、腎臓の衰えを改善する代表的な漢方薬で、下肢のしびれにも有効です。

②血の滞りを改善する漢方薬

血の滞りを改善する漢方薬には桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)桃核承気湯(トウカクジョウキトウ)疎経活血湯(ソケイカッケツトウ)五積散(ゴシャクサン)などがあります。

桃核承気湯は血を除去して腰痛の改善を図ります。

桂枝茯苓丸は血行を促進することで痛みを緩和し、のぼせや冷え解消にも有効です。

当帰芍薬散は血行を改善して体をしっかりと温めて疼痛の緩和、貧血改善、ホルモンバランスを整えるなどの作用があります。

疎経活血湯は血行と水分の流れを改善し、腰痛など体の痛みを緩和する作用があります。

加味逍遙散は血液循環を改善して体をしっかりとあたため、痛みを緩和してくれます。ホルモンバランスを整える効果もあります。

③冷えを改善する漢方薬

冷えを改善するための代表的な漢方薬は桂枝加朮附湯(ケイシカジュツブトウ)当帰四逆加呉茱萸生姜湯(トウキシギャクカゴシュユショウキョウトウ)苓姜朮甘湯(リョウキョウジュッカントウ)などがあります。

当帰四逆加呉茱萸生姜湯は血行を促進して冷えを解消することで腰痛を緩和してくれます。

桂枝加朮附湯は体を温めることで痛みを外に発散させていきます。また余分な水分を積極的に排出する作用もあるため、腎虚の改善にも効果が期待できますよ。

漢方薬で腰痛を治療できれば体質改善にもなりますし、何より副作用の心配がなく、安心して
服用することができますね。

-腰痛改善

Copyright© 腰痛肩こりをなおす.COM , 2018 AllRights Reserved.