腰痛 肩こり 治し方

腰痛肩こりをなおす.COM

腰痛改善

病院での腰痛治療について

更新日:

腰痛がひどい場合、自宅でのストレッチなどで症状が改善されない時には整骨院や接骨院などの治療院でマッサージなどを受ける人もいれば、病院へ行って治療を受ける方もいるでしょう。ここでは腰痛で病院を来院した時の治療方法について説明しましょう。病院ではいったいどのような腰痛治療を受けることができるのでしょうか?

【何科に行く?腰痛治療がおすすめの病院は?】

腰痛がひどくて病院に行きたいけれどどの診療科に行けばよいのかわからない…という方も多いでしょう。一般的なのは整形外科でしょう。整形外科は筋肉、骨、筋などを専門に治療していまので、腰痛や肩こり、膝痛などの慢性的な痛みは整形外科がおすすめです。

【整形外科ではどのような腰痛治療が行われているの?】

整形外科で行われる腰痛治療は人によって異なります。腰痛の原因は人によって様々であり、痛みが起きる原因にぴったりと合った治療法をしなければ効果は期待できません。整形外科で行われる治療は薬物療法、神経ブロック療法、理学療法になります。それぞれ詳しく説明してきましょう。

【腰痛に効果的な薬物療法とは?】

腰痛に効果のある治療法として薬物療法があります。飲み薬が一般的ですがその他貼付薬、塗り薬なども処方されます。痛みを緩和させるためには非ステロイド性消炎鎮痛薬や筋緊張弛緩薬、血管拡張薬、ビタミン剤、精神安定剤などが用いられます。腰痛の痛みを緩和するもの、血行促進をするものが多いでしょう。また腰痛による精神的ストレスを和らげることで安定剤を処方される場合も。ストレスも筋肉の緊張につながり腰痛にはよくありません。

【腰痛に効果的な神経ブロック療法とは?】

腰痛を引き起こしている神経や周辺組織に局所麻酔薬やステロイド剤を注射して、痛みの緩和、炎症を抑制させる神経ブロック療法も一般的です。腰部硬膜外ブロック注射、神経根ブロック、簡易的なトリガーポイント注射などがあります。麻酔薬による神経ブロックの効果は数時間程度になりますが、血行促進効果も得られるので、筋肉緊張の緩和そして炎症の抑制効果にもつながるので、数時間以上の効果が期待できます。

【腰痛に効果的な理学療法とは?】

病院での腰痛治療には理学療法もあります。理学療法にはストレッチなどで筋肉の緊張をほぐす運動療法があります。運動療法は血行を促進して、腰痛を改善します。また痛みがマシになったら、背筋や腹筋を鍛えるトレーニングも行っていきます。
ホットパック、マイクロ波、低周波、オンシップ、超音波、レーザー照射などの温熱療法も腰痛には効果的です。患部を温めてあげることで血流が促進され、痛みが緩和されます。
装具療法はコルセットや腰痛ベルトを装着します。これらの装具を付けることで腰への負担を軽くすることができます。長時間の装着は筋力低下を招くことになるので、長期的につけるのはよくありません。医師の指導のもと、装具を付けるようにしましょう。
理学療法、神経ブロック療法、薬物療法をおこなっても、一向に症状が良くならない場合に、手術を行う場合もあります。

-腰痛改善

Copyright© 腰痛肩こりをなおす.COM , 2018 AllRights Reserved.