腰痛 肩こり 治し方

腰痛肩こりをなおす.COM

腰痛改善

腰痛と頻尿って関係ある?

更新日:

腰痛がひどい人の中には「トイレが近くなる…」という症状に悩まされている方が意外と多いです。腰痛と頻尿の症状は同時に現れることがあります。頻尿と腰痛はそれぞれ別ものと考えている方がいますが、実は腰痛と頻尿は密接に関係しているのです。腰痛が原因で起こる頻尿もありますし、頻尿の元となる病気が原因で腰痛を引き起こす場合もあるのです。ここでは腰痛と頻尿の関係性について考えてみましょう。

【泌尿器の位置は腰痛を起こしやすい】

腎臓など泌尿器の位置は、背中の腰より少し上に位置しています。また腎臓から膀胱に伸びている尿管は腰を縦断していて、腰を少し下に膀胱が位置しています。そのため腎臓、尿管、膀胱が原因で腰痛を起こす場合もあれば、腰痛が原因で、腎臓、尿管、膀胱で何か症状を起こすことがあるのです。

【腰痛が原因で起こる頻尿症状とは?!】

腰痛が原因で起こる頻尿症状の1つに、椎間板ヘルニアがあります。骨の老化や強い負荷がかかると椎間板が押しつぶされた状態になるので、内部にある髄核が外にはみ出て痛みを生じる場合があります。椎間板ヘルニアは激しい、痛み、しびれ、頻尿、尿漏れなどの副作用を起こしやすいです。
また腰部脊柱管狭窄症によって腰痛を引き起こす場合もあります。腰部脊柱管狭窄症は先天性のもの、加齢、外傷など後天的なものがあります。腰痛がひどくなると、足の痛み、しびれ、歩行困難にも派生します。さらに
頻尿、残尿感、尿失禁などの排尿障害を訴える患者様もいらっしゃいます。

【頻尿トラブルから起こる腰痛とは?!】

泌尿器の臓器トラブルが原因で腰痛が起こるものとしては、尿路結石があります。尿路結石は腎臓、尿管、膀胱に起こる疾患で、結石ができてしまいます。また脊柱管狭窄症による排尿痛、頻尿などの排尿障害の症状もあります。

【坐骨神経痛と排尿障害の関係性とは?!】

坐骨神経痛によって排尿障害を引き起こす患者様も多いです。
坐骨神経痛は脊柱管狭窄症、腰椎分離すべり症、腰椎椎間板ヘルニアなどでおこる痛みであり、排尿障害を合わせて引き起こす可能性もあります。生殖器を支配する神経と、大腿部を支配している神経は同じ神経で構成されているので、坐骨神経痛と排尿障害は関係性があるのです。
坐骨神経が過敏に反応するようになっており、誤作動がおこることで頻尿になったり、尿漏れ、便秘、生理不順、排尿障害などの色々な症状を引き起こしたりしてしまいます。
腰痛で頻尿もあるという方は、様子を見ながら病院などで相談をする方が安心でしょう。

-腰痛改善

Copyright© 腰痛肩こりをなおす.COM , 2018 AllRights Reserved.