腰痛 肩こり 治し方

腰痛肩こりをなおす.COM

腰痛改善

腰痛と湿布

更新日:

腰痛がひどい時には、腰をあたためてみたり、冷やしてみたり色々なセルフケアを試してみる方も多いでしょう。腰痛にはどのようなケアがよいのかよくわからずにしている方も多いのではないでしょうか?ここでは腰痛時に行う湿布ケアについて考えてみましょう。湿布は腰痛に効果的なのでしょうか?

【適当に湿布を貼ると腰痛を悪化させる可能性もある】

腰痛がひどくなり、家にある湿布を貼って様子を見てみよう…という経験をしたことがある人も多いのではないでしょうか?湿布と一言で言っても、患部を温める温湿布と患部を冷やす冷湿布があるため、どちらを貼ればよいのかわからない・・と悩む方もいます。家にある湿布を適当に貼ったからといって症状がよくなるわけではなく、効果が出ないどころか逆に腰痛を悪化させてしまう恐れもあるので、腰痛時に使用する湿布選びはきちんと理解しておく必要があるのです。

【湿布の種類とは?】

湿布には温湿布と冷湿布があります。基本的にどちらも消炎鎮痛効果があり、薬としての薬効は同じになります。

≪冷湿布≫

冷湿布は急性の痛みがある場合に使用する場合が多く、腰痛で言うと急性腰痛症と呼ばれるぎっくり腰に用います。炎症を起こしている場合、冷湿布を貼ることで腫れや炎症を抑えることができるのです。冷湿布では冷たくする成分としてメントール、カンフル、ハッカなどの精油が用いられていて、冷湿布を貼ると皮膚の温度を下げることができます。
まとめるとぎっくり腰など急な腰痛に関しては冷湿布がおすすめです。冷湿布が自宅にない場合には、氷やアイスノンなどで患部を冷やすのも効果的です。ただし冷やしすぎには注意が必要です。冷やした方が痛みを和らげることができますので急性の腰痛がある場合には、入浴は控えて患部をあたためないようにしましょう。
炎症が起きている状態で患部を温めてしまうと、炎症がさらに悪化してしまいます。お風呂に入る場合には、ぬるめのお湯でシャワーを浴びる程度にとどめておくとよいですね。

≪温湿布≫

温湿布は慢性的な腰痛におすすめの湿布になります。腰痛以外にも慢性的な肩こり、神経痛などがある場合も温湿布がおすすめです。温湿布は消炎鎮痛効果だけでなく、血行促進する効果もあります。温湿布では湿布が温かくなります。温熱効果のある成分としてカプサイシンなどを含有しており、その成分が患部に浸透することによって血管が拡張され血行が改善するのです。
慢性的な腰痛に悩まされている方、湯船につかると腰の痛みが改善する方などは慢性的な腰痛持ちですので、温湿布を試してみるとよいでしょう。
温湿布に含まれるカプサイシンはとうがらし成分であり、ピリピリ感があります。そのため温湿布を貼った後、はがしてお風呂に入ると、肌がピリピリすることがありますのではがした直後にお風呂の入るのは避けておいた方がよいかもしれません。

【湿布を貼るタイミングとは?】

では湿布を貼るタイミングはいつがよいのでしょうか?湿布は腰痛など痛みがでた日、普段以上に体を動かしてしまった日の夜、入浴後などがおすすめです。寝る前に貼ることで翌朝腰痛が和らぐことが多いでしょう。日中は体を動かすことが多いため、日中よりも寝ている間に貼った方が効果を実感しやすいかもしれませ。湿布で皮膚がかぶれてしまう…という方は、スプレー式のものなどを使用するのもよいかもしれませんね。

湿布は手軽に行える腰痛のセルフケアと言えます。自分の腰痛が急性のものなのか、慢性のものなのかをしっかりと判断して、温湿布、冷湿布どちらを使用するべきかしっかりと確認してから使用すると症状を改善できるかもしれません。

湿布を貼っても症状がよくならない…症状が悪化した…という場合には、自己判断せずに病院で診察を受けることをおすすめします。

-腰痛改善

Copyright© 腰痛肩こりをなおす.COM , 2018 AllRights Reserved.