腰痛 肩こり 治し方

腰痛肩こりをなおす.COM

腰痛改善

子供の腰痛が起こる原因とは?

更新日:

腰痛を発症するのは大人に限ったことではありません。子供さんでも腰痛に悩まされている方はたくさんいらっしゃいます。前回は子供によく起こる腰痛の種類について解説しました。今回は子供の腰痛の原因についてまとめてみましょう。

子供の腰痛の原因には以下のものがあります。

  • スポーツなどによる筋肉の使い過ぎ
  • 姿勢の悪さ
  • ストレス
  • 肥満
  • 筋力の低下
  • 病気のよるものそれぞれ詳しく解説していきましょう。

スポーツなどによる筋肉の使い過ぎ

成長期の子供が激しいスポーツで筋肉を使いすぎてしまうと、筋膜が炎症を起こして腰痛を発症します。この腰痛を筋性腰痛症といいます。また腰のオーバーユースは椎間板ヘルニア、腰椎疲労骨折などを起こしてしまうこともあるのです。成長段階の子供が筋肉をつきすぎてしまうと、腰や背筋に大きな負担がかかってしまいます。成長期の子供の腰の筋肉の使い過ぎに注意しなければなりません。

姿勢の悪さ

大人と同様、子供の腰痛の原因ともなるのが「姿勢の悪さ」です。ゲームやスマートフォンなどに夢中になる子供は多く、ゲームやマンガを読んでいる時どうしても姿勢が悪くなり、猫背になってしまいます。また寝そべって操作をする子供も多いでしょう。このような姿勢を続けていると姿勢が悪くなり、体の歪みができてしまいます。体の歪みは腰痛を起こす最も大きな原因の1つ。子供の時期に姿勢の悪さが習慣化してしまうと、大人になってから改善するのは難しいでしょう。姿勢の悪さは脊椎のS字カーブを歪ませます。すると体のバランスが不均等になり腰痛を発症するのです。

ストレス

子供でもストレスを抱える子はたくさんいます。ストレスも腰痛を引き起こす原因の1つになっています。人間関係や勉強面など、学校生活に悩みを抱える子供は少なくありません。体は過度のストレスを感じしてしまうと、自律神経の働きが乱れて腰痛を引き起こしやすくするのです。

肥満

腰痛を発症する子供の中には肥満傾向の子が多いと言われています。子供が腰痛になる原因の中でも肥満はかなり高い位置付けになります。乱れた食生活、好き嫌いの多い子供、運動不足などによって肥満になる子供は近年急増しています。肥満になると重たい体を腰で支えなければなりませんので、どうしても腰痛を起こしやすくなってしまうのです。

筋力の低下

最近の子供は昔の子供に比べて外で遊ぶ機会が減ったと言われています。家でテレビゲームばかりしている子供は体を動かさないため、腰を支えている腹筋や背筋が弱ってしまいます。すると腰にかかる負担が大きくなり腰痛を引き起こしてしまうのです。腹筋がない場合、腰が反りやすくなり、お腹が前にでる姿勢になります。また背筋が衰えてしまうと前かがみの姿勢になってしまうので猫背になり、姿勢が悪くなるでしょう。筋力の低下により子供の腰痛は増えています。さらに筋力の低下は腰痛だけでなく、背中の痛みや肩こりの悪化、頭痛、全身の不調なども起こしやすくなるでしょう。

いかがでしたか?子供が腰痛を発症する原因はたくさんあります。なぜ腰痛が起きてしまったのかしっかりと明確にすることで治療法、対処法が見えてくるでしょう。

-腰痛改善

Copyright© 腰痛肩こりをなおす.COM , 2018 AllRights Reserved.