腰痛 肩こり 治し方

腰痛肩こりをなおす.COM

肩こり改善

肩こりの治療法について

更新日:

慢性的な肩こりに悩まされている方の多くは、的確な治療を受けずにそのままほったらかしにしているケースがほとんどでしょう。しかし肩こりはそのまま放置してしまうと首の痛み、腰痛、頭痛、めまいなど他の症状を引き起こす場合もありますので、早期の治療をおすすめします。
では肩こりの治療とは一般的にはどのような治療を行うのでしょうか?ここでは肩こりの治療法についてご紹介しましょう。

病院ではどのような治療をしてくれるの?

肩こりがひどくて病院へ来院した場合、いったいどのような治療を行ってもらえるのでしょうか?
一般的に肩こりを訴える患者さんの多くは整形外科を受診するでしょう。この整形外科で治療をされる内容としてはマッサージ療法、温熱療法、運動療法が一般的になります。
マッサージ療法とは手技療法であり、筋肉の血液の流れを改善することで肩回りの筋肉のこりや緊張を和らげて、肩こりも解消していきます。多くの肩こりは血行不良によって起こっていますので、血行不良を改善することで痛みやだるさはマシになるでしょう。
温熱療法もマッサージ療法と同様、血行促進に効果的です。病院で行われる温熱療法では音波は温湿布などを使い患部を温めていきます。
ストレッチや生活指導を行う運動療法も肩こりを改善するのには非常に有効です。

肩こり外来とは?

肩こりの治療と言えば整形外科を訪れる場合が多いと思いますが、中には肩こり外来を設けている病院もあります。肩こり外来では肩こり治療を専門に行う医師が、患者さんそれぞれの肩こりの症状を把握して、その症状にあった的確な治療を提案してくれるので非常に便利です。
この肩こり外来は肩こり症状に特化している診察をしてくれると評判で、レントゲン検査、血液検査なども行います。これらの検査を行うことでなぜ肩こりが起こったのか?その原因を突き止めてくれるのです。
肩こり外来での診察でもっと専門の治療が必要と判断された場合には専門の科を紹介されるケースもあります。

肩こりの薬物療法とは?

肩こりがひどい場合、筋弛緩剤を使うことで凝り固まった筋肉がほぐされて血流も改善します。肩こりが出てしまうと肩周辺の筋肉が緊張した状態になり、血行不良になってしまいます。この状態を改善するためにおすすめなのが筋弛緩剤です
また痛みがひどい場合には鎮痛消炎剤などの痛み止めの服用も行っています。さらに局所麻酔剤もひどい肩こりにおすすめです。
肩こりを起こしている筋肉部位に局所麻酔剤を注射すると筋肉の血管が広がるため血流が促進されます。

肩こりに効果的なトリガーポイント療法

薬物療法ではありませんが、肩こりを改善するための治療はいくつもあります。その中でも人気が高いのがトリガーポイント療法です。
トリガーポイント療法とは筋肉中に存在する刺激すると痛みが広範囲に広がってしまうトリガーポイントと呼ばれる部位を、針を使ってほぐすことで肩こり症状を劇的に改善することができる治療方法になります。
このトリガーポイントは指では届くことができず、凝り固まっているので、注射針よりももっと細い針を刺してピンポイントでマッサージしていきます。糸は極細なので痛みもなく、固まった肩回りの筋肉をほぐすことができます。
このトリガーポイント注射は首から肩にかけて肩こりに非常に効果的です。

肩こりにおすすめの漢方は?

漢方薬の中には肩こりを改善する効果に優れたものもあります。痛み止めを服用すると胃腸障害が出るというケースもありますので、その場合は副作用が少なく安心して服用することができる漢方薬をおすすめします。

肩こりはマッサージなどの手技療法や物理的療法だけではなく、薬物療法も積極的に行っていきます。

-肩こり改善

Copyright© 腰痛肩こりをなおす.COM , 2018 AllRights Reserved.