腰痛 肩こり 治し方

腰痛肩こりをなおす.COM

腰痛改善

腰痛と入浴の効果の関係性について

更新日:

慢性的な腰痛を抱えている人は、腰の痛みを和らげようとお風呂につかる人がいます。では腰痛はお風呂に入ると改善されるのでしょうか?ここではお風呂と腰痛の関係性について考えてみましょう。

お風呂は腰痛によいが例外もあり?!

腰痛を和らげる方法としてお風呂に入ることはOKです。ただ入浴方法を間違ったり、長時間入浴したりすると逆効果になってしまうこともあります。

また入浴して体を温めてしまうことが腰痛をさらに悪化させてしまうような腰痛もあるので注意が必要でしょう。

腰回りのコリや緊張性の腰痛には効果絶大

腰痛の原因は人それぞれですが、原因が良く分からない腰痛や腰回りの筋肉が凝り固まって、筋肉バランスが崩れ腰痛を引き起こしている場合などにはお風呂につかることで腰痛が改善されるでしょう。

ここでは入浴することで体内の血行が促進されて、血のめぐりがよくなることで腰回りの緊張がほぐされ、筋肉のコリが改善されます。筋肉のコリが改善されると腰痛症状もよくなるため、入浴することが腰痛予防にもつながるのです。

またお風呂上りは血行が良くなっているのでストレッチもしやすくなります。腰回りの筋肉をほぐすストレッチや軽い体操を行うことでより腰痛改善効果が期待できるでしょう。

炎症性の腰痛には入浴はNG

ぎっくり腰と呼ばれる急性腰痛症は、炎症性の腰痛になります。その場合は炎症がひどいため、患部を温めてしまうと腰痛症状が悪化してしまう恐れがあるのです。

そこで急性の腰痛症に関しては入浴は控えるべきでしょう。入浴を控えることで炎症を悪化させることがありませんし、炎症がおさまるまでじっと安静にしてあげることで、腰の痛みをひどくしないようにできます。

お風呂に全く入らないというわけにはいきませんので、湯船には浸からずシャワーなどで軽く汗を流す程度にしましょう。

長風呂には注意

お風呂の入るということは座った状態で湯船につかるため、どうしても腰への負担がかかってしまいます。

リラックスするために何時間もお風呂に入るという人がいますが、あまりに長時間のお風呂は体をつかれさせる要因になるので気を付けなければなりません。

腰痛を改善するための入浴方法とは?

腰痛を改善するためにお風呂に浸かる人は多いですが、実際に正しい入浴方法を知っている!という人は実は少ないのです。

お風呂はただ浸かるだけでももちろん腰にはよいのですが、お風呂の正しい入り方を覚えておけば、より効果的な入浴ができるようになるでしょう。

ぬるめのお湯での半身浴がベスト

腰痛を改善するためには血行促進をする必要があります。血行促進をするためにはゆっくりと時間をかけて体を温める必要があるので、熱いお湯よりもぬるめのお湯にじっくり浸かった方が効果はあります。

温度設定としては40度以下になります。

このぬるめのお湯にみぞおち周辺まで使い30分程度半身浴を行っていきます。この時の姿勢がポイントになります。

姿勢が悪いと湯船につかっているときに腰に負担がかかりやすくなります。水の中は重力がないのでそれほど腰への負担は少ないですが、姿勢によっては腰へのおおきな負担がかかることも。

また正座もよいと言われています。

湯船から出てシャワーを浴びる時に少し熱めの45度程度のお湯をかけるとさらに体の血流がよくなるので腰痛症状改善にも有効でしょう。

入浴中にできるストレッチ

入浴中に湯船でできるストレッチとして、ツイストひねりがあります。ツイストひねりはお風呂の片方のフチを両手で持って腰からゆっくりと左右にツイストしていきます。

これだけでも腰回りの筋肉を上手に動かすことができ、緊張やコリをほぐすことができるでしょう。

入浴後の湯冷めに注意

せっかくお風呂で温まっても、お風呂上りに体が一気に冷めてしまうと全く意味がありません。むしろ腰痛をひどくしてしまう恐れもあるので湯冷めはしないように気を付けておきたいですね。

腰痛は患部をあたためると痛みがマシになるというイメージが強いでしょう。

そのため腰痛がひどいので、ゆっくりとお風呂に浸かって腰痛を改善したいと考える方が多いです。

もちろん慢性的な腰痛には入浴は非常に効果的なのですが、急性期と呼ばれる腰痛には入浴はよくありません。ここでは入浴がおすすめできない腰痛について考えてみましょう。

腰痛に血行促進効果が得られるタイプの入浴剤がおすすめ

では腰痛がひどい時にはどのような入浴剤を使用するのがベストでしょうか?

腰痛がひどい場合には、血行促進効果が期待できる入浴剤をおすすめします。

血行促進効果が得られる入浴剤を使用することで、体の血行が促進されます。腰痛は血流の低下に伴う筋肉のコリや緊張が神経を圧迫することで痛みを生じています。お風呂に入って血行を良くしてあげて、体を温めることで温熱効果、血行促進効果が得られ、腰回りの筋肉がほぐされ、腰部の筋肉の炎症を軽くして痛みを楽にしてくれるでしょう。

またお風呂に入ると浮力によって腰に負担がかからなくなるので腰痛もちの方には入浴剤入りのお風呂タイムがおすすめですよ。

 

まとめ

入浴は血行を良くするため、血行改善が効果的な腰痛を抱えている方にはおすすめできる方法です。しかし、種類によっては逆効果の場合もあるので、腰が痛いからと言ってすぐに入浴しよう、とするのは止めましょう。自分の腰痛について深く知ること、専門医の意見をしっかり聞くようにしてくださいね。

 

-腰痛改善

Copyright© 腰痛肩こりをなおす.COM , 2018 AllRights Reserved.