腰痛 肩こり 治し方

腰痛肩こりをなおす.COM

腰痛改善

生理痛によって起こる腰痛とその対処法

更新日:

腰痛と一言で言っても様々な種類がありますが、今回ご紹介するのは女性特有の腰痛とも言える「生理時に起こる腰痛」です。

ではなぜ生理中は腰痛がひどくなるのでしょうか?腰痛と生理の関係性について考えてみましょう。

生理痛とは?

生理痛とは生理時に起こる痛みの症状であり、腰痛を訴える人もいれば、下腹部痛を訴える人もいます。特に腰痛を訴える女性は多く、生理中は腰に重い痛みを感じたり、立ったり座ったりする日常的な動作にも支障をきたすケースも少なくありません。

なぜ生理痛で腰痛がひどくなるの?!

ではなぜ生理痛で腰痛はひどくなるのでしょうか?生理中の腰痛に悩まされたことがある女性は少なくないでしょう。

生理中に腰痛が起こる原因は女性ホルモンバランスの乱れが影響しています。生理の時期はどうしても女性ホルモンが急激に変化をする時期になるため、腰痛がひどくなると考えられています。

生理になると生理時の経血を体外へ排出しやすくするために骨盤が開いてきます。この骨盤を開くために体内ではリラキシンと呼ばれる関節を緩める働きのある卵巣ホルモンが過剰に分泌されるようになります。このリラキシンと呼ばれる卵巣ホルモンの働きによって腰部の筋肉に痛みを感じるようになり、腰痛が引き起こされるのです。

このリラキシンは生理前から分泌されるホルモンになりますので、生理前症候群として腰痛を訴えてくる方も多いのです。

その他に生理時に腰痛がひどくなる原因としては血行不良によって起こる骨盤内のうっ血や女性ホルモンのプロスタグランジンの過剰分泌などが原因になっていることも考えられます。

ここまでお話ししたように生理時に起こる腰痛は、女性ホルモンバランスの乱れ、骨盤の歪み・開き、血流の悪化によって引き起こされています。生理時の起こる腰痛を改善するためにはいくつかの改善方法がありますのでその方法をしっかりと実感しておくようにしたいですね。

生理時に腰痛が起こることは普通の現象なので気にすることはありません。

きちんとした改善方法、対処方法をしっておくだけでも重要でしょう。ここでは生理中に起こる腰痛を和らげる方法について考えてみましょう。

つらい腰痛症状を緩和するためにはどうすればよい?!

生理時に起こる腰痛はホルモンバランスの乱れ、血行不良によって起きているケースが多いです。そのため体の冷えを改善してあげることで症状はぐっと楽になるでしょう。体の冷えは不規則な食生活、生活習慣で起こる場合が多く、さらにストレスやエアコンの効いた室内に長時間いることも冷え体質になってしまう要因の1つです。

またコーヒーなどカフェインを多く含む飲み物や体を冷やす冷たい飲食物、白砂糖なども体が冷えてしまう可能性があります。

体の冷え体質を改善するは「お灸」がおすすめです。お灸をすることで全身の血流が改善し、緊張状態の腰回りの筋肉がほぐされて痛みを緩和することができます。

またツボを刺激することも冷え体質の改善、さらには腰痛解消につながります。生理痛に効果のあるツボや腰痛のツボがあるので、症状を緩和するためにこのツボを刺激してみましょう。腰にあるツボは自分ではなかなか押しにくいので、人に押してもらったり、使い捨てカイロなどを使ってツボを温めたりして、刺激するのもよいかもしれませんね。

ストレッチや歩き方の改善も生理時の腰痛に効果大

冷え体質を改善することで血流が促進して生理時に起こる腰痛が和らぐことがあります。

さらに生理時の腰痛の原因は骨盤の開きや歪みの場合には、普段の歩き方、姿勢を見直して楽な姿勢から正しい姿勢に改善する必要があります。また歩き方の見直しのほか、ストレッチ運動なども骨盤の歪みやズレ、開きを改善することができます。

テーピングによる生理中の腰痛を改善する

テーピングと聞くとケガをした時にするものというイメージがあるかもしれませんが、そんなことはありません。

特に生理時の腰痛に効果があると言われており、テーピングで骨盤をぐるっと一周まわすことで骨盤をしっかりととのえて、下腹部に溜まったうっ血を改善する効果が得られます。痛みのひどい腰痛の筋肉はテーピングを行うことで痛みが軽減されるでしょう。

-腰痛改善

Copyright© 腰痛肩こりをなおす.COM , 2018 AllRights Reserved.