腰痛 肩こり 治し方

腰痛肩こりをなおす.COM

肩こり改善

日常生活で起こる肩こりの原因

更新日:

肩こりは誰にでも起こる慢性症状ですが、肩こりがあると生活に不自由を感じることもありますし、何より不快です。

首から背中、肩、上腕などの筋肉に圧迫感や違和感、不快感、鈍い痛みなどを感じた時には肩こりがひどくなっているかもしれません。肩こりは肩周りの筋肉が緊張して凝りかたまった状態です。ここでは一般的な肩こりの原因について考えてみましょう。

日常生活で起こる肩こりの原因は?

日常生活において肩こり症状が現れることは珍しいことではありません。普段通りの生活をしていて肩こりが起こることはよくあります。日常生活で起こる肩こりの原因はいくつかありますが、特に多いのが以下の原因です。

  • 同じ姿勢で作業をする
  • デスクワークなどの眼精疲労
  • 運動不足
  • 寒さ
  • ストレス
  • 自律神経の乱れ

それぞれの原因について解説していきましょう。

≪同じ姿勢で作業をする≫

長時間デスクワークをして同じ姿勢でいたり、長い間本を読んでいたりして肩がこった経験がある人は多いでしょう。同じ姿勢を保っている時、ほとんどの人は首を前に突き出した状態になっています。さらに首が前に出て両方の肩がすぼんだ姿勢になっているため、肩回りの筋肉が緊張して疲労を感じてしまいます。
すると肩周辺の血流が悪くなり、肩こりを引き起こしてしまうのです。

≪デスクワークなどの眼精疲労≫

デスクワークの場合、長時間パソコンを見ることになります。さらに近年ではスマホの普及に伴い、毎日スマホを見続ける人も増えています。長時間にわたって画面を見ると目を酷使してしまうので、慢性的な眼の筋肉の疲労や緊張が起こります。この眼精疲労こそが肩こりにつながるのです。
眼精疲労は目や目の周りの筋肉が緊張して疲労状態になっていることをいいますが、この眼精疲労によって首や肩も緊張して肩こりを引き起こしてしまうのです。

≪運動不足≫

運動不足の状態が続くと筋力が低下します。筋力が低下すると血液を送り出す力が不足してしまうため、血流悪化につながりやすいのです。血流が悪くなると筋肉に酸素が届けられにくくなり、緊張した状態になるだけでなく、疲労がたまりやすくなり肩こりを起こしてしまうのです。

≪寒さ≫

寒い場所にいると血流が低下しやすくなるだけではなく、体に力が入りやすくなり、筋肉が緊張状態になります。

≪ストレス≫

ストレスを感じると筋肉を緊張させる自律神経のバランスが活発になるため、肩回りの筋肉が緊張状態になり肩こりを引き起こします。過剰なストレスは肩こりを悪化させてしまうでしょう。

≪自律神経の乱れ≫

自律神経がみだれると肩回りの筋肉は緊張するため、肩こり症状が起こります。

-肩こり改善

Copyright© 腰痛肩こりをなおす.COM , 2018 AllRights Reserved.