腰痛 肩こり 治し方

腰痛肩こりをなおす.COM

肩こり改善

内臓疾患によって肩こりが起こる?!

更新日:

慢性的な肩こりに悩まされている日本人は非常に多いです。

肩こりは日常生活の習慣によって起こる場合が多いのですが、内臓疾患が原因で肩こりが生じる場合もあります。

ここでは内臓疾患による肩こりについて考えてみましょう。

内臓疾患が原因で肩こり症状が起こる場合がある

慢性的な肩こりに悩まされている肩が多いのですが、まさかその肩こりが内臓疾患が原因で起きていると考える方は少ないでしょう。基本的に内臓疾患からくる肩こりは肩こり以外の症状が出るという特徴がありますので、肩こり以外にも症状がある場合には、内臓疾患を疑ってみた方がよいかもしれません。

特に頭痛、背中の痛み、胸痛、めまい、息切れ、動悸、咳、倦怠感などは肩こりと併発しやすい症状になります。もちろん生活習慣によって引き起こされる肩こりの中にも上記のような症状を併発する場合もありますのでこれらの症状が起こるとすべて内臓疾患が原因と言い切ることはできません。

血行不良によって起こる慢性的な肩こりの場合、対処法によって痛みやだるさが軽減される

内臓疾患が原因で起こる肩こりとは違い、血行不良によって筋肉が緊張した状態になり起こる肩こりは、マッサージや入浴、整体などに通うことである程度症状がマシになります。

特に血行不良によって起こる肩こりの場合は、血行を促進してあげることで症状が一気に改善されます。血行を促進しても全く症状が改善されない場合には、詳しく病院へ行って検査をしてもらった方がよいでしょう。

肩こり症状が起こる内臓疾患とは?

では肩こり症状が起こる内臓疾患にはいったいどのような疾患があるのでしょか?肩こりを引き起こす疾患として有名なのが以下の通りです。

  • 心臓病
  • 肺や気管支系の病気
  • 胃腸障害
  • 肝臓障害

などです。

心臓病では特に狭心症、心筋梗塞などで肩に痛みやだるさを感じることが多いです。背中の痛み、胸やけ、胸の締め付けなどがある場合は注意が必要です。

肝臓障害の中でも肝炎などの症状がある場合は、肝臓上の横隔膜が刺激されることによって肩こりを起こすことがあります。
胃腸障害では、下痢や便秘など胃の状態が思わしくない時に、肩こりがひどくなることがあります。

内臓疾患による肩こり症状の場合は、原因となっている内臓疾患の治療を行うことで肩こり症状が改善されるでしょう。

-肩こり改善

Copyright© 腰痛肩こりをなおす.COM , 2018 AllRights Reserved.